分譲について

外観の良い家

最近では非常に低価格な分譲住宅が増えており、住宅ローンの低金利化の影響もあって一戸建ての購入が非常にやりやすい環境といえます。 分譲住宅が低価格となる理由は、資材の大量購入、テンプレート化された建設計画による工期と人件費の削減といったコストカットによるもので、高クオリティを維持したまま建物の価格を抑えることが可能となりました。 しかし、それでも住宅購入は非常に高額な費用が必要となるため、慎重な予算組みと物件選択を行い、後悔の無い購入をすることが需要といえます。 また、日当りや騒音の有無といった住宅環境、隣接する道路の交通量や近場の店舗の数といった周辺環境など、建物以外のことに対しても問題がないか注意することが重要といえます。

日本は人口減少傾向にあるため、それに伴い世帯数も減ってきています。 そのため、不動産業界の規模の縮小していくことが予想されているため、各住宅メーカーのあり方も変化を求められており、分譲住宅を取り扱うメーカーも物件のクオリティや価格面だけではなく、販売後のアフターサービスの充実化などを重要視し、顧客を集める方向に動いています。 それは、物件の保証や定期点検といった従来のサービスに加え、設備オプションの低価格化やインテリアアドバイス、リフォームの提案など住まいに関するトータルサービスの提供があります。 そのため、分譲住宅の購入の際は、立地条件や物件価格以外に、アフターサービスの充実した住宅メーカーという選択肢も注目することが必要となってきます。