不動産投資に関して

重機による作業風景

不動産投資をするのであれば、購入した中古ワンルームマンションなどをずっと保有していればよいというわけではありません。きちんとメンテナンスをかけていく必要があります。自分が住む物件ではありませんが、他人が住んで家賃を支払ってくれる大事な空間です。自分が住むことをイメージしながらしっかりとリフォームをしていきましょう。自分から何もアクションを起こさなければリフォームのタイミングは不動産会社が通知してくれます。しかし、この際のリフォームは退去の際の簡単な内装程度でしかありません。積極的なリフォームをするのであれば、自分で不動産会社に提案をしていく必要があります。そのために書籍などで情報を集めておきましょう。今後は賃借人も部屋で物件を選ぶという時代になってきます。

但し、リフォームをする上で気を付けなければいけないことは採算です。リフォームにお金を掛けすぎて、リフォーム代金がなかなか回収することができないという事態に陥ってしまったら意味がありません。しっかりと予算を決めて、その範囲内で収まるようにしましょう。この際に押さえておくべきポイントは、やるものとやらないものをはっきりさせるということです。あれもこれもとやってしまうと、材料費などを押さえようとして折角リフォームをしても、見栄えの悪いものになってしまいます。万遍なくというよりも要所を決めてリフォームしてみましょう。また、リフォーム後には家賃の値上げを検討してみても良いです。不動産の資産価値を挙げたのですから、家賃を上げることは当たり前とも言えます。