新築を建てる際に

美しい家

親の土地がある、建て替えると言う場合は土地を探す必要はありません。しかし、新築戸建てを建てるとき、土地から探すと言う人も多いです。土地の購入価格をできる限り抑え、その分建物にお金をかけたいと考える人がたくさんいます。しかし、土地は価格だけを優先して探してはいけません。土地そのものが安全かどうかを考えて探しましょう。 土地の価格が安かったので即購入し、新築戸建てを建てたら数年で家が傾いた、沈んだと言う人もいるのです。そうなると、修理費が新築戸建て1軒分位になることも珍しくありません。地盤が強固な土地を選ぶのが一番大切です。自分の選んだ土地が安い場合は、軟弱な地盤でないか調べることが基本になります。

新築戸建てを建てるとき、設備機器にお金をかけて、建物の構造部分でコストを抑えようとする人がいます。しかし、建物の構造部分と断熱材の質は落とさないことです。 構造部分や断熱材は家が建てば、見えなくなります。その点、設備機器は見えるだけでなく、実際に使っていくわけです。設備機器の方にお金をかけたい気持ちは分かりますが、構造部分や断熱材は住まいの性能に大きく関わる部分です。これらの質を落とすことは、建物の耐震性や断熱性を落とすと言うことになります。それでは、安心して暮らすことはできません。 設備機器はグレードを落としたところで、建物の性能は落ちないわけです。ですから、設備機器の方でコストを削減するようにしましょう。