二世帯住宅について

建設中の家

団塊の世代が高齢化の時期を迎える中で、二世帯住宅への需要が増加傾向である。しかし二世帯住宅を建築するためには十分な面積の土地が必要なので、住宅メーカーの宅地紹介サービスの利用が便利であろう。住宅メーカーの分譲する土地であれば、提案してくれる建築プランにもぴったりなので、快適なマイホームが実現できるであろう。また分譲地の紹介サービスを利用する場合には、住宅メーカーのモデルハウスを訪れるべきである。モデルハウスでは建築プランや資金計画など、様々な相談に応じてもらえるので、計画を前に進めるときに便利である。また住宅メーカーの紹介する土地は建築条件付きが一般的であるが、敷地の形状に合わせて最適な設計プランを提示してもらえるであろう。

二世帯住宅を新築する場合には、建物の面積が50坪以上になるのが一般的である。したがって建築に最適な土地を探す場合にも、60坪から70坪の面積が必要であろう。またこのような広い宅地を探す場合には、比較的地価が割安な郊外を選ぶべきである。郊外のエリアであれば、二世帯住宅向きの宅地も3000万円前後で購入可能であろう。したがって住宅の建築費を含めた場合でも、5000万円台の費用でマイホームを手に入れることが可能である。また都市部の便利な場所を希望する場合には、1億円前後の予算を想定するのがポイントである。その場合には両親からの贈与なども活用しながら、計画的に資金計画を立てたうえで建築するべきであろう。